05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

マニュアル整備について

2015/06/25
こんにちは、松尾です。

久しぶりに当社の取り組みについてご報告します。

当社では約10年前から注意すべき事例が発生した時などに、皆でミーティングを行い、
その内容をノートに議事録として残しています。(「ミーティングノート」と言います。)
また、周知すべき内容は「通達」として朝礼で徹底し、通達集に残しています。
しかし、通達やミーティングノートも始めて10年以上経つことから、当時とは状況が
変わり、不要なものが出てきたり、当時とは従業員も入れ替わりがあり、再度周知が
必要となってきています。また、事案が発生した時系列順に綴じられていることから
見にくくなってきており、一目で分かるように目次を作り、内容も写真を使い見やすいものに
する必要が生じています。

先日、日経トップリーダーという雑誌(日経BP社)に生産性向上の特集が組んであり、
その中で無印良品さんのマニュアルがとてもよいと事例を交えて書いてありました。
それによると、「全ての業務について、定義(何)と意義(なぜ)、そしてだれがいつする
ことなのかを明文化している」のがポイントの一つになっていて、「何・なぜ・いつ・誰が」を
定型的に記入することになっています。
当社も良いものは取り入れようということで、当社の通達とミーティングノートを見直し、
不要なものは処分し、生きているものは前述の無印良品さんのスタイルに書き直すことに
しました。

***

当社はお預かりしている車の試運転に出る時は事故のトラブルを回避するため
ドライブレコーダー取付をルールとしています。
下記はその内容をマニュアルにしたものです。写真を取り入れて分かりやすくしています。
ドライブレコーダ

今後この型に統一して作業ミス等の低減を図っていきます。

★ブログランキングに参加しました。よろしければクリックで応援お願い致します★
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村


マツオモータースHPトップ

15:54 社長ブログ
 | ホーム |